High deodorizing effect can be obtained The fascination of goods

気になってきたら

自覚しにくい、においに備えて

加齢臭が気になる年齢になったら、においを抑えるための石鹸を使用する事を勧めます。 加齢臭というものは、40歳を過ぎる頃には誰にでも発生するものだと言えます。 においの原因物質はノネナールと言いますが、これは皮脂に含まれているヘキサデセン酸を皮膚常在菌が分解することで発生します。 ヘキサデセン酸は若い内にはあまり皮脂に含まれませんが、40歳を過ぎたあたりがら増加していく事が判明しています。 当然ヘキサデセン酸が増加するに連れて加齢臭が発生するようになるのですが、本人は鼻が徐々に慣らされてしまう事もあって自覚しにくいものなのです。 また、他人のにおいというものは中々指摘しにくい事もあるので、本人だけが気付かない内に強い加齢臭が出ているということもあり得ます。

においの発生メカニズムを妨害

加齢臭を抑えためには、においの発生メカニズムをそれぞれ妨害することが有効です。 そして現在、もっとも効果的な対策は石鹸を用いる事だと言えます。 その理由は、何よりも加齢臭の元となる、皮脂に含まれるヘキサデセン酸を速やかに洗い流す事が大事だからです。 また、皮膚常在菌を殺菌して、ノネナールを発生させにくくするためにも石鹸は有効だと言えるでしょう。 加齢臭対策を重視した石鹸の場合には、これらの機能をサポートするための成分が含まれているのが基本です。 また、そのような石鹸はすでに発生したノネナールを洗い流す為の成分も含みます。 これは多くの場合ポリフェノールで、ノネナールを吸着して取り込み泡とともに洗い流す効果があります。